プロフィール

管理人

Author:管理人
「検索してはいけないワード」を
怖い物が苦手な方でも見れるように
モザイク加工などで解説。

「ググるな危険」
「ググってはいけない言葉」

毎日21時頃に更新予定。

Twitter:@miekensaku

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

おすすめサイト

マクロミルへ登録
初めて訪問された方は、「はじめに」をご覧下さい。

TOP画面では記事が二分割されています。「続きを読む »」をクリックして下さい。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ゲーム・映画
「マリオ A 短編」とは・・・

「Nintendo : A Sad Story」という動画のことです。

「スーパーマリオブラザーズ」で有名なマリオのお話
とても悲しく救われない内容です。

多少の不気味な感じはありますが
とてもよく出来た作品ですので、興味がある方は見てみてください。



動画開始18秒のところで
顔が真っ黒に汚れてしまっているマリオがアップで映ります。


Nintendo : A Sad Story 【マリオ A 短編】から見れます。


動画は、民衆の「マリオ」コールから始まります。

そして現れる文字“A FILM BY GRAHAM YOUNG”。
Graham Young(グレアム・ヤング)は毒物に魅了された連続殺人犯です。

そして“Nintendo : A Sad Story”、と動画のタイトルが現れます。
“任天堂の悲しき物語”、そして登場するマリオ。

彼はどこか寂れた屋敷のキッチンにいました。
何かに悩む彼は、ミルクをカップに注ぎます。

その左手にあるのはWARNINGとかかれた、毒薬。
彼は周りの様子を確認しつつ、その毒薬をミルクの入ったカップに入れます。

マリオがミルクを持って訪れた部屋では、誰かがWiiで遊んでいました。
マリオの生みの親、宮本茂さんでした。

狂気に満ちたマリオの動画 『Nintendo : A Sad Story』が悲しすぎるより抜粋。

上記リンクでは話の続きも書いていますが
ページを開くと上部に顔が黒く汚れたマリオの画像がありますので
怖いものが苦手な方は閲覧注意です。


Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

個人の感想のみ・サイト広告などのコメントは、拒否IPへの登録をし即削除します。

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 検索してはいけない言葉 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。